[529]多目的X線回折複合システム

ID
529
設備・機器分類
分析 | X線分析
利用区分
学内:〇, 学外:〇
メーカー
リガク
型式
SmartLab9MTP、RASCO 3M
仕様・特徴
1. SmartLab 9MTP (XRD)
X線発生装置:9kW回転対陰極式(Cuターゲット)
ゴニオメータ:θ-θ型試料水平高精度ゴニオメータ、インプレーンゴニオメータ
試料ステージ:多目的薄膜ステージ(χクレードルステージ)、キャピラリー回転試料台
検出器:シンチレーションカウンター、1次元高速検出器、高速2次元ピクセル半導体X線検出器、カウンタモノクロメーター(0次元SC用, 1次元DteX用)
2. RASCO 3M (Laue Camera)
X線発生装置:3kW(Wターゲット)
光学系:背面反射ラウエ法光学系
試料ステージ:ユニバーサルマウントレール
検出器:冷却CCDデジタルカメラ
用途・使用目的
キャンパス
片平キャンパス
部局
材料科学高等研究所
管理部署
設備担当者
利用相談はこちらより必要事項をご記入の上、お問い合わせください。
予約サイトのURL
https://share.cfc.tohoku.ac.jp/share/equipment/detail/1/208
備考
この設備は試料の内容や試験目的について事前の打ち合わせ、検討が必要です。
Laue Camera付属の試料固定治具は、サンプルペデスタルおよび5軸ゴニオメータヘッドのみです。
その他必要な治具はご自身でご用意頂く必要があります。
チャットボット ハギボー